住まいに対する思い


第3世代の住居空間をプロデュース
by woodshelter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

重要文化財(御城番屋敷)に住まう”蜂の巣退治”

御城番屋敷は武家の格式を備えた長屋。1住居は間口5間、奥行き5間に角屋付。式台玄関は1.5間「なんと間口の30%が玄関」しかも普段の生活では使用しない空間(昔の生活)なのです。
f0051247_17244569.jpg

観光客の足が途絶えたころブンブンと音がします。式台玄関のあたり?壁土が落ちているのでおかしいな~とは思っていたのですが!
f0051247_17252515.jpg

左上の袖壁付近。土壁に数箇所穴があいています。切り株スツールを足場に覗き込んだらヤッパリ蜂の巣でした。結構大きな蜂です。
f0051247_17254823.jpg

急ぎホームセンター(コメリ)に直行。売り場で「フマキラーAダブルジェット」よく効く!これを見つけてスプレーしました。歯向かってくる蜂にはフマキラーAさされもせず無事終了。

去年は、蜂の穴にパテをつめたのですが、そのパテにも穴があいていました。写真では一番下の穴がパテで埋めた箇所です。古屋ではよく目にする蜂ですが、我が身に起こるとは?土台はシロアリに喰われて無くなるし、壁には蜂の穴が!保存修理ではきっと昆虫の被害がないような、素敵なお家になることでしょう。

淡い期待感の金平
[PR]

by woodshelter | 2007-04-28 17:35
<< 夏越しの大祓い「茅の輪くぐり」... 重要文化財(御城番屋敷)に住ま... >>