住まいに対する思い


第3世代の住居空間をプロデュース
by woodshelter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


国産材・解ったつもりの勘違い

2日連続で木材産地の方と話しをする機会がありました。24日は吉野材の集積地、五條の山林家栗山さん、山守の新さん、製材所の永井さんと鍋を囲んで盛り上がり、直径一丈の桧を伐採するまえに見せていただくことで盛り上がりました。ある著名な棟梁が日本にはもう無いと言っていた桧です。植林の桧ですが、あらためて解ったつもりの勘違いや誤解に気づかされることしきり!木の育て方は数百年も昔から、その時代の社会ニーズを受けて生産してきたこと。闇伐りは昔からやってきたことが何故すたれたのか?最近、新月伐採がブームになり脚光を浴びていますが、樵さんでもある山守の新さんは闇伐りをやっているそうです。しかしTV局の取材はがんとして拒否しているので皆さん方は知らないわけです。教えていただくごとに山側プロのすごさと同時に現在の私たちの求めている木材の間にギャップを感じました。ほとんど江戸時代の感覚で木材の価値観を捉えているわけですが、頭では今の時代を理解しようとするから勘違いも起こってしまいます。25日は天竜の木材屋さんがアトリエにお見えになり、木取りや乾燥のことでついつい長話になってしまいました。木は狂ってあたりまえ。反ってあたりまえ。割れてあたりまえ。実は戦後の材木屋さんのエゴなので~す。(これは私の持論)身分社会や富裕な商人が財をつくして建築した時代の木材品質と現在私達が木造住宅で使用している木材の品質は雲泥の差があるのです。書院造りや数奇屋建築で使用される木材は狂ってはいけないし、割れてはいけないのです。そのためにプロは技術を磨き、木を活かして使う技術も磨かれ目利きが良い棟梁の条件でもあったと思うのです。国産材をもっと使ってほしい。山側思いと私たちの願いは同じなのですから「割れない」「反らない」「狂わない」木材品質を追求し技術を磨いてほしい。現実に割れない、狂わない木材製品は(呼吸している部分は狂うというのかな~)できるのですから。楽器や家具の世界では常識でも何故か木材業界では逆なのです。マンションで無垢の杉桧を使ったインテリアに取組んでいますが、めざしているのは「狂わない木」です。山側の皆さん、どうか本年もこの我侭にお付き合いください。
[PR]

by woodshelter | 2007-01-25 21:14

重要文化財(御城番屋敷)に住まう”暖房編”

f0051247_0565841.jpg
重要文化財と言っても長屋、武士の組長屋です。式台玄関を備えた基本構成は身分社会にあって格式のある立派な住居といえます。現在の私たちの感覚からすれば、特別立派な建築には思えないのですが、木材が高価な時代の仕事ぶりや材料に興味が沸いてきます。しかし、この寒い時期はなんと言っても”暖房”しかし暖房の方法が限られているのです。現在の室温は9.3度、湿度45% 室温15度以上に温めるのは至難の業でした。現在ではあきらめて局部暖房。仕事机はコタツ仕込みに炭火鉢で手あぶりながら痩せ我慢のスタイルなので、これでも江戸時代の生活よりは快適なのだと思えば無理に納得。しかし、お客人は顔が引きつってしまう人もしばしば。電気ストーブは2台あるのですが全部スイッチを入れるとヒューズ切れが心配になったりしてしまいます。何しろこの建物は電気の無かった時代の住居。電気は電灯のために引き込まれたガイシ配線(むき出しの2本線)の5Aを15Aに容量アップしてやっとパソコンが使えるようになったのですから「暖房よりはパソコンが優先」試行錯誤を重ねて出した結論は床暖房でした。土間を改造して杉板5cm床板を張り、真壁の上から杉板、桧板を張りましたが、いくら無垢の板は暖かいと言っても冷たいものは冷たい、畳も冷えきっているのでした。絶対的に建築物として断熱効果がないのです。日本の住居はアジアモンスーンの気候なので開放的で夏が過ごし易いようになんて”ウソだ~ ぜったにウソだ~”に共感する人が多い季節です。
炭俵の写真で この”ウソだ~”が感じ取れるでしょうか?
[PR]

by woodshelter | 2007-01-24 00:57

新年の出会い(マンション業界編)に感謝

「2007年KOHKEN 新年賀詞交歓会」に参加して新しい出会いや旧交を温めることができました。㈱工業市場研究所さんからご案内いただいたのですが、これが本当にすごい元気な集まりでした。不動産関係の会社150社264名の方々が参加され、しかも、業界がより一層元気になることを祈念してご案内申し上げます。とのメッセージに田舎者の私としては、いささか気後れもあったのですが上京しました。内装材マンションに国産材。しかも無垢材の桧、杉を使ってほしい。このお願いをお聞き入れいただきチャンスをくださった方々にご報告とお礼も兼ね、機会があればこのような集まりに参加するようにしているのですが、本当に貴重な”出会いの場”でした。田中社長さま、田谷さん本当にありがとうございます。お二人の後姿からいろいろなことを学ぶことができました。やはり不動産業は「情報産業」というのは真実。
「マンション2000戸桧内装材を納入して2年点検クレームゼロ」に興味を持っていただいた方も沢山おられました。少しは山側も忙しくなるでしょうか?勉強会を立ち上げたいと考えています。
元気に盛り上がっている会場写真を見て「国産材の山側みなさん」元気を出してください。
f0051247_23532840.jpg

[PR]

by woodshelter | 2007-01-23 23:57

国指定重要文化財(御城番屋敷)に住まう

あけましておめでとうございます。

昨年から延び延びになっていた保存調査が今日ありました。文建協の方、お寒い中本当にご苦労さまでした。床下から小屋裏まで煤まみれになりながらプロの仕事ぶりに関心しました。今年は少し趣を変えて、この重要文化財の建物に住まうリポートを不定期で寄稿します。業界通の人々は皆さん「文建協」と呼びますが、正式には、財団法人文化財建造物保存技術協会です。国宝や重文、文化財建造物の歴史的技法と保存技術に関する組織です。

あらためてこの住居を見つめると、在来木造建築について、解ったつもりの誤解や勘違いの多さにビックリさせられます。本来なら20年~30年程度の耐久年数で建てられたはずの長屋は(実際には建築後143年経過した御城番武士の組長屋)仮住いだったそうです。本屋敷を建築する前に明治維新となり維持管理を目的にした苗秀社によって往時のままの生活をしながら維持されています。

興味しんしん四季を通じた住い心地やディティールについてレポートしたいと考えています。ちなみに私のところでは注連縄(しめなわ)が年中かけっぱなしです。何故でしょうか?お城の石垣は解体修理されました。石垣の裏はどうなっているのでしょうか?などなど!

このリポートを通じて日本の木造住宅に興味をもっていただけたら嬉しいです。横濱金平f0051247_20595886.jpg
[PR]

by woodshelter | 2007-01-10 21:03