住まいに対する思い


第3世代の住居空間をプロデュース
by woodshelter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


松阪城址の桜が開花しました。

久しぶりにアトリエに来てみたら観光客の人がたくさんいるのでビックリです。そのはずでした。桜が開花!もっとたくさん咲いている枝もあるのですが石垣をバックにとりました。
週末には人出がきっとおおいのでしょうか?さくらボンボリが用意されも土曜日にはライトアップなるのでしょう。人出が途切れたところを狙ってシャカット2枚。
f0051247_15142023.jpg

f0051247_15173527.jpg

[PR]

by woodshelter | 2008-03-26 15:18

御城番屋敷の保蔵修理がはじまりました。左官の仕事:漆喰Ⅱ

暖かい日ですが小雨が降りそうな空です。左官職人さんは雨じまいの難しいところ小さな鏝で根気よく仕事をしていました。土間もきれいに、足場がとれて北側外壁の板壁が気持ちよいです。連続写真で紹介します。
f0051247_150395.jpg

珍しく工事車両が止まっていないチャンスに定点1枚とりました。
f0051247_1515785.jpg

すでに漆喰が剥れ落ちていたので記憶のいい加減さがわかりました。このカットは漆喰納まりがどうだったのか?このようになっていたのか?です。
f0051247_154381.jpg

空模様を気にしながら手を休めずに仕事をしていました。
f0051247_152028.jpg

スギ板壁です。パネルにしたものを引っ掛け釘で止めています。なるほど!!!感心です。傷んだ部分だけを修理できる仕組みになっているのです。100年、200年使える建物のメンテナンスには学ぶことしきりです。
[PR]

by woodshelter | 2008-03-26 15:06

御城番屋敷の保蔵修理がはじまりました。左官の仕事:漆喰

小春日和の土曜日です。ひさしぶりに御城番屋敷に来て見たらもう左官工事がはじまっていました。まっさらな漆喰壁は気持ちが良いです。仕上げはスプレーしながら鏝押さえ。感心しながらシャカット1枚撮らしてもらいました。
f0051247_15192916.jpg

もう一人の職人さんは土蔵の扉枠の込み入った部分を根気よく鏝押さえしていました。
f0051247_15222345.jpg

傍らではタタキ土間の土をふるいにかけながらオシャベリしていましたが、一時も手は休まず動き続けていました。機械化の時代ですが案外と人の手仕事は訓練されると効率が良いのかもしれません。シャッカットしたらこちらも向いてくれました。
f0051247_1527437.jpg

先日掲載したスギの壁パネルはこのように取り付いています。写真右側ですが妻側、棟北側壁は全面板張りです。足場がじゃましているので完成したら掲載します。
f0051247_15284340.jpg

職人の皆さんご苦労様です。昨日「御城番屋敷の皆様へ」大修理に関するアンケート調査がありました。国・三重県・松阪市の文化財委員の方で進行してきた重文策定委員会が3月末で終了するのに伴い実施されたのですが内容は、金平が○した項目を書き出します。①長屋はすみやすい。②緑が多く環境が良い。③屋根が古いのでよく雨漏りがした。などなど~ 金平
[PR]

by woodshelter | 2008-03-15 15:38

御城番屋敷の保蔵修理がはじまりました。屋根瓦葺きⅢ

外屋の寄席棟部分が旧い瓦で葺かれていました。土蔵外壁部分との取り合いも何と根気の必要な仕事かと思うほどに丁寧な仕事。休憩時を狙すましたショットです。
f0051247_17113327.jpg

f0051247_17141951.jpg

大工さんも休憩してたので板壁パネルをシャッカと1枚。
f0051247_1715536.jpg

この壁パネルが壁に仕上がったら掲載します。
外壁にスギ板をはる仕上げは新築住宅でも採用されている施工です。近所で知人の萩原さんが設計した木造住宅では土壁にスギ板仕上げでしたが、御城番よりも良い材料を使用していました。良心的な仕事に感心です。こちらも足場が撤去されたら掲載予定。          金平
[PR]

by woodshelter | 2008-03-05 17:21

ひのきで作ったお雛様

今日はお雛様、チョット風変わりなお雛様を紹介します。ワンちゃん、ネコちゃんが鎮座していますが実は「ひのき製カスタネット」を節句の室礼に見立てたものです。
f0051247_1143539.jpg

感想はいろいろあろうかとおもいますが、私は気に入ってます。建築現場の端材に眼を向けるとお宝の山。ゴミでゴミを作るのは簡単ですが「もったいないな~」が桧に新しい命を吹き込んで、心が温かくな~れ!のお雛様。羽曳野園の皆さんありがとうございました。
[PR]

by woodshelter | 2008-03-03 11:47

重要文化財(御城番屋敷)に住まう”庭のしだれ梅が咲きはじめ”

3月1日梅は咲いたか桜はまだかいな!今日アトリエに来て見たら庭のしだれ梅が咲き始めました。寒い日なのでチョット戸は締め切りにしました。家の中が暖かい?温度9.5℃ 湿度45です。このところ雪が降ったりの異常気象。しかしとてもラッキーな寒い日です。金平ラベルの新酒を絞る待ちに待った日なので~す。これから出かけます。
f0051247_17534353.jpg

[PR]

by woodshelter | 2008-03-01 17:54

御城番屋敷の保蔵修理がはじまりました。屋根瓦葺きⅡ

f0051247_17322035.jpg

外屋の妻側は旧い瓦を使用しています。寄棟部分、本屋取り合い部分はこれからですが、今日は大工さんと外構工事が忙しくしているので遠慮しながらの遠景写真です。
[PR]

by woodshelter | 2008-03-01 17:44