住まいに対する思い

御城番屋敷の保蔵修理がはじまりました。屋根瓦葺きⅢ

外屋の寄席棟部分が旧い瓦で葺かれていました。土蔵外壁部分との取り合いも何と根気の必要な仕事かと思うほどに丁寧な仕事。休憩時を狙すましたショットです。
f0051247_17113327.jpg

f0051247_17141951.jpg

大工さんも休憩してたので板壁パネルをシャッカと1枚。
f0051247_1715536.jpg

この壁パネルが壁に仕上がったら掲載します。
外壁にスギ板をはる仕上げは新築住宅でも採用されている施工です。近所で知人の萩原さんが設計した木造住宅では土壁にスギ板仕上げでしたが、御城番よりも良い材料を使用していました。良心的な仕事に感心です。こちらも足場が撤去されたら掲載予定。          金平
[PR]

by woodshelter | 2008-03-05 17:21
<< 御城番屋敷の保蔵修理がはじまり... ひのきで作ったお雛様 >>